DRESSNYC81 菅谷大樹 NY 美容師 ドレスニューヨーク81
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

募る想い。

先日家に帰ってからドラマを見る機会がありました。

 

そのドラマの中で美容室に行くシーンがありました。

 

そのシーンでの美容師さんは(エキストラさんなのかな?)

 

ちぃーす。今日どうします?

ちょっと待ってて下さいね〜(気だるそうに)

 

みたいな。

 

何とも流行に乗り遅れた様なチェックのネルシャツを着たチャラい美容師さんを演じてくれてました。

 

え?美容師って一般の方からはこんな感じでうつっているのかなとね、、、

 

少々気になったわけです。

 

これだけならまだ良かったのですけど

 

以前見た別のドラマでも

 

ちょりっすー。今日どんぐらい切んのー?

(やっぱり気だるそうに)

 

みたいな。

 

なんかねー

 

モヤモヤするんですよね。

 

ちなみにこのドラマでもチェックのネルシャツ。笑

 

 

そんなチャラく、だるく働いてないわボケぇ

 

美容師の大半の人は一生懸命技術身につけて、毛髪科学勉強して、朝は早く起きて撮影して、接客術磨いて、休みはモデルさん見つけに街にでて、金ないから白飯フリカケで食いつないで、手荒れして、雑務もこなしてやっとの想いでスタイリストになって、しかも国家資格ですよ?

 

この扱いはあんまりじゃないですか?

 

悔しくないですか?

 

もちろん色々不祥事起こしてる美容師さんも事実います。

そういう人たちは美容師どうこうの問題ではありませんが

 

とにかく!

 

もうそろそろ美容師のイメージ変えたいですね。

 

しっかりカウンセリングして一人一人の髪質見極めて僕たちにしか言えない事があるじゃないかと、、、

 

あードラマ作った監督とかディレクターとかに美容師こんな感じでしょって安易に撮影されそれが放送される事が腹立たしい

 

業界イメージアップ。

 

出来るといいのだけど、なかなか道は険しそうだ。

 

DRESSNYC81

菅谷大樹